So-net無料ブログ作成

 

* 森の真実 その1・オオカミ * [★オオカミとクマ★]

ここに記していることは
「オオカミ」について
自分なりに調べ 辿ったメモです

●先住民アイヌ民族は エゾオオカミのことをこう崇めオオカミと共存していた
「ホロケウカムイ」(狩りする神)
「オオセカムイ」(吠える神)

 ●「大口真神」
ニホンオオカミをこう崇めていた


  
  
  
  
  
  

●日本には北海道にエゾオオカミ、本土にニホンオオカミが明治までふつうに生息していたが
明治以降、人間による駆除・乱獲・生息地の破壊・伝染病の流行などで絶滅


  

●オオカミは
臆病 敏感 頭がいい

●オオカミは
独自のテリトリー内で暮らす
人を襲うことはない

  
  

  

●オオカミは生態系の頂点に君臨

オオカミは主に「シカ」を捕食して生きる
日本でも、オオカミが絶滅した(明治時代)以降にシカが猛繁殖し
森が荒廃の途をたどっている

繁殖したシカが木の皮を食べ、大量の下草を食べ、落ち葉さえ食べる
森を生かす栄養満点な腐葉土も減った

小動物や昆虫が食べる草もシカが食べつくすため、他の生きものも減った
それらが減ったことで別の生物も減少

希少な野生植物も減った 植生が劇的に変化した
・・・八ヶ岳ではシカの食害でヤナギランが消滅
テガタチドリやシシウドもほぼ消滅 ・・・

草や腐葉土など山を覆っていたものがなくなり
地表が乾いて、土砂崩れの危険性も増した

生態系
生物多様性
森の安全
TOPの不在で狂ってしまった

  


  
   

 ●人間がシカを捕獲して シカ肉を普及させればいい??

オオカミは弱いシカから食べて強いシカは残すので、シカにとっても有益
人間には弱いシカがわからないで乱獲する 
オオカミが食べ残したシカを 森のあらゆる生き物が食べるため 森の存続につながり
シカの骨が森の栄養源になるが
人間がシカを食べても森の存続にはつながらない


「オオカミの食べ残し」
これがその下の階級に棲む
すべての生きものと 森をささえ
共存関係を創っている
「フードチェーン」

クマ・ワタリガラスもオオカミと強い共存関係にある


  

●オオカミは森のマネージャー


  

●アメリカ イエローストーン国立公園

絶滅したオオカミをカナダから再導入して復活に成功
増殖したエルクでぼろぼろになっていた生態系に変化

オオカミが自然や生態系に重要な役割を担うことが証明された


 

 ●ドイツの言い伝え:

麦畑の風を「コルンムーメ」という穀物を守る精霊として呼んだ

コルンムーメはオオカミに変身する なぜなら・・・・
オオカミが畑を荒らすものを退治し
その足は麦の花粉を散らし
祝福を与えるから

  

  

●ルーマニアの葬送歌より:

「オオカミをそなたの兄弟とみなすがよい
なぜならオオカミが
森の秩序に通じているのだから」


  ●E.T.シートン著『オオカミ王ロボ』

●アメリカ大陸でのオオカミ大虐殺・・・アメリカの先住民の運命

●ペットの王様 イヌの祖先はオオカミ

オオカミに一番近い犬種は 秋田犬でも土佐犬でもなく 柴犬

  


●日本オオカミ協会理事 朝倉裕さん:

「生態系は、みんながうまくいっているときにはそのからくりがみえない。
すべてが適度に、美しく収まっている。
だから、何事も起こっていないように見えるのだ。
からくりが見えてくるのは何か事件が起こったとき。」

  

  

この記事を書くにあたり 朝倉裕:著『オオカミと森の教科書』雷鳥社
日本オオカミ協会HP
NHK番組「ワイルドライフ 195 アメリカイエローストーン 女王オオカミ波乱万丈の生涯に密着!」
『動物大せっきん オオカミ』ほるぷ出版
ウィキペディア
などを参考にしました

この記事は 自分なりの MEMO として書きました
  加筆・修正 することがあるかもしれませんが リンク・シェアは歓迎します
たくさんの本が出ていますので 興味をもたれたかたは ぜひ調べてみてください

「その2」として クマ のことを書く予定です*


コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。