So-net無料ブログ作成
検索選択

 

* オオカミエピソード 2016秋 * [★オオカミとクマ★]

 

 
ehon.jpg 
 
 昨年作った絵本 『虹の橋渡し ニホンオオカミ物語』
 

秋の個展で展示をし、
小数部を冊子印刷することに決めたのは今年の夏です。
絵を担当してくれた石坂香さんも快諾してくれて
展示に協力もしてくれることになりました。感謝です。 
 
 

しばらく眠っていたものを動かしはじめたとき
見えないものがまた動き始めるのはなぜなんでしょうか・・。
 
わたしのなかではしばらくの間
オオカミさんが眠ってしまっていたかのような日々だったのです。
 
 
 

冊子印刷に向けて動き始めたタイミングは 
久しぶりに東吉野村さんからも連絡をいただくタイミングとかさなり
9月上旬に「奈良県葛城市でも、展示会を行うこととなりました。」
という連絡だけだったのですが なんとなくうれしくて。
(最優秀賞作品『ぼく、ニホンオオカミになる!!』原画と一部応募作品の展示)
 
 
*♡*  
 

9月中旬に八ケ岳に行ったとき、
山で読んだ星野道夫さんの写真集『グリズリー』。
(1985年 平凡社刊)
そのなかの オオカミの文はあらためて
こころを強くノックするのでした。
 
 
グリズリーの生息地のほぼ真中で、
星野氏がベースキャンプをはっていたこと、
夜1人で焚火にあたっているときに目の前の森から、
グリズリーの親子が姿を現したこと、
毎晩のようにオオカミの遠吠えを聞いたこと
などが書かれています。

遠吠えがお互いの位置を確かめ合うように、
それぞれのグループのオオカミが掛け合うように始まり、
最後はきまって合唱になった、こと。
銃もなく、たったひとりだったが、なんの恐れもなかったこと。
そして、オオカミの遠吠えは、
まわりのすべての自然と調和して、
神秘的なハーモニーとして聞こえていたことなどが
綴られているのです。
 
 
 
 

 *♡* 
 

9月下旬 香さんと絵本印刷の相談をメールで交わしていると・・・
「息子の出版した本が新聞記事に載り、
その記事が送られてきたら、
すぐ隣にオオカミさんの記事があったの!」
と彼女が送ってくれた写真↓
 
 !cid_6D6C7F5B-6454-4153-A9C3-C9122E130154.jpg
 
 
 
*♡*
 
 
 
 

10月にいよいよ冊子印刷注文。
しかし・・・
台風が来ていて気圧が変動していたせいか(?)
私は集中力に欠けて、指示ミス数点・・・。
印刷会社からなかなか返事も来ずにドキドキ・・・。
の後にやっと連絡が来て訂正されて再スタート(ホッ)。
そんな理由で遅れて到着した、絵本。
その日は、なぜかまた満月の日でした。

満月といえばオオカミ*ウォォォォーーーン!?
1024a.jpg 
またまた幻想的な雲に囲まれた満月が・・・ 
 
 
 
 
 *♡* 
 

10月中旬 映画『地球交響曲 第八番』を観に行きました。
(とてもよかったです。この話はまた別の機会に・・・) 
このときに以前何度も観た、星野道夫さんの回「第三番」のDVDを
どうしても欲しくなって買いました。
この映画たちははたくさん時間をかけて観ないと・・・。
クリンギットインディアンの神話の語り部ボブ・サム氏の言葉
「私はワタリガラス、父はオオカミで、祖母はシャチです」・・・

この言葉の所だけで、10回も巻き戻して再生してしまう・・・
 
 
 
*♡* 
 

10月19日
「空から降りてくるもの」というリースが生まれた日。
夜 夫が
「さっき テレ朝の報道ステーションで東吉野村のことをやってたよ。
“東の狼”という映画が撮影されていたらしいよ」と*

東吉野村でオオカミの映画が撮影・・・!
2017年に一般公開されるようです。
 
 参考サイト>>>
 
 
 
 

意識のアンテナは
お休みしていると受信しないのに
動き出すと とたんにいろいろ
受信したり連動したりするのかな
 
 
映画・地球交響曲の龍村監督は 第三番を作る際に
生前の星野道夫さんとこう約束したそうです・・・
「 私たちの中に眠っている一万年前の記憶が甦るような映画を作ろう」
(角川書店 書籍『地球交響曲第三番 魂の旅』より引用)
 
不意に動くアンテナは
もしかしたら 
遠い記憶を持ったDNAの発信かもしれないから
・・・・・ 
 
 
 
たいせつにしなくてはと
思うこのごろです^^ゞ
 

 
絵本は11/1~6 6日間 個展でリースたちと一緒に展示します
ゆっくり観ていただけたらうれしいです 
 
 


 
 1216b.jpg
絵:石坂香

 
 
 
 
 
 個展詳細はこちら
 
 
 

コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。