So-net無料ブログ作成
検索選択

 

* 春の妖精 * [つれづれ]

 

03_24a.jpg

春のあしおとは遅いようですが
かくじつに 一日ごとに
近づいていて

むくむくと
春の命たち
地上に
おはようをいっています

風を感じて
光を感じて
水のしぶきを感じて
わらって
春を
すごしていきましょう

写真のリースをお作りした方が
妖精のティアラみたいとおっしゃってくれました

みんなの笑顔のティアラを
つくれたらうれしいな


 



共通テーマ:インテリア・雑貨

* Believe * [*ココロのノート]

1009_01i.jpg

 「Believe」

1.たとえば君が 傷ついて
  くじけそうに なった時は
  かならずぼくが そばにいて
  ささえてあげるよ その肩を

   世界中の 希望のせて
   この地球は まわってる
   いま未来の 扉を開けるとき
   悲しみや 苦しみが
   いつの日か 喜びに変わるだろう
   アイ ビリーブ イン フューチャー
   信じてる

2.もしも誰かが 君のそばで
  泣き出しそうに なった時は
  だまって腕を とりながら
  いっしょに歩いて くれるよね


   世界中の やさしさで
この地球を つつみたい

   いま素直な 気持ちになれるなら
   憧れや 愛しさが
   大空に はじけて耀(ひか)るだろう
   アイ ビリーブ イン フューチャー
   信じてる

   いま未来の 扉を開けるとき
   アイ ビリーブ イン フューチャー
   信じてる 

<作詞・作曲 杉本竜一>

昨日子どもの学校で
子どもたちの声でこの歌を聴きました
いつ聴いてもいい歌だなぁと 
涙腺がゆるくなりますが
歌詞の 「君」
少し前では 身近な人を想っていました

だけどいま
「君」は
福島の農家さん
避難しているひと
・・・・


理想があまりに遠くて
自分は分からないことばかり
消化しきれない無力さばかり

だけど
「君」

わすれないために

この歌を
歌おう
こころのなかでずっと
そうおもう

 

 

東の野菜でなく西の野菜をと
何気なくわたしがしてる選択が
生産者の現状をさらに過酷にして
彼らの苦悩と 工夫と 努力に
寄り添おうともせずに
受けとめようともせずに

もっとこころをこめて
もっとげんじつとむきあって
自分も測って知るなど
選択したい道が

この歌詞の
いま未来の 扉を開けるとき」と
かさなった
気がしました

 

ご質問・コメントはこちらから
016-mail.gif

 



共通テーマ:インテリア・雑貨

* お気に入り詩集 * [*心の言葉・心の本]

 

友人が企画する親子イベントで わたしの詩を使いたいと
いってくれたのですが いざ探してみると ほとんど大人向けかも・・

大学生のころからあつめだした詩集
山のように集まってしまい 引越しの度かなり
古本へと減らしてきたつもりでしたが
本棚には まだたくさんありました

いい機会だったので
親子でも 大人でも
おすすめの詩(詩集)を
さがしてみたので
紹介してみます

わたしのおすすめいちばんは
工藤直子さん
やわらかでおおらかなしぜん感
わたしは学生のとき
こういうこどものこころをもったすてきなおとなになりたい
とあこがれたものでした

工藤直子詩集 (ハルキ文庫)

工藤直子詩集 (ハルキ文庫)

  • 作者: 工藤 直子
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 文庫

たくさん詩集がでているけど こちらは
文庫本で代表作がたくさん載っています


「地球は」
「いのち」
「時間」
などなど

おやこで感じれる
詩がいっぱい

 

 


大学生のとき詩集『のはらうた』(刊・童話屋) に感動して、
アンケート葉書に 感想を書いて送ったところ
なんと工藤さん本人からすてきなお返事が!
「いっぱいおほめのことばをいただいて
のはらみんなが うれしそうにしています
ときどきは このうたみんなを
のはらにつれだしてみてね」
っていうようなことが書いてありました

 

 

童謡「ぞうさん」などの詞でも知られる まどみちおさんも
親子の詩としてとてもおすすめ..

大学生のとき 図書館で借りた
『まどみちお詩集』に感動して
なんと ひとつひとつ 自分でその詩たちをノートに書き写してました!
テスト勉強はしなかったくせに;;
(そうすることで その詩のもつおおきないみを
すこしでも 消化しようとしてたのかな)

1203_15a.jpg
結局6冊全部書き写せなくて 完成したのは
「宇宙のうた」と「植物のうた」の詩集
とくにこのふたつが わたしには共鳴した

1203_15b.jpg
すっかりいい味色に変色したノート
時間の経過がかんじられますが
詩の内容はいまでも あざやか

3つ目の紹介は
屋久島に暮らし、2001年に亡くなられた詩人・山尾三省さんの詩集
こちらも親子で読めるような
やさしい詩がたくさん
でもほんとは
おとなたちへ
だいじなメッセージ なのかなと感じます

1203_15c.jpg

私が持っているのは『森の時間 海の時間』

「春」
「ツワブキの花」
「三光鳥」
「ヒナギキョウ」
「お話」
「キャベツの時」
「新月」
「場所」
・・・・・
おすすめの詩はもう数え切れないです・・

 

*
この詩集、アマゾンで新品はないようでしたが
先日 国分寺・カフェスローの 本コーナーでは
とても目立つところに置いてあったのが 印象的でした

関連記事:こちら


 


その他お気に入りの詩人はたくさん・・・
立原道造さん
ラフォルグ
きのゆりさん
岸田衿子さん
リチャード・ブローディガン
長田弘さん
金子みすずさん
・・・
銀色夏生さんなら『月夜にひろった氷』
辻仁成さんなら『屋上で遊ぶ子供たち』

 

 

 

 HPはこちらから
6989611.jpg 

ご質問・コメントはこちらから
016-mail.gif


 



共通テーマ:インテリア・雑貨

* 忘れずにいたいもの * [*ココロのノート]

 

1203_11a.jpg

 

このせかい
ひとびとのこころが
やさしく愛にあふれ
すべて調和でみたされますよう

 

 

 *

体調がくずれて 熱がでたとき
「ああ よかった」 と思うことはないけど
身体が正常にはたらこうとす
る 自然治癒力や免疫力のおかげで
身体が悪いもの闘って 
「よくなろう」として
熱がでたり 咳がでたり 痛くなったりしてくれるからこそ
よくなる
そして原因も自分のなかにかならずある
そのことを
忘れないでいたい

地球が 自然が 何か訴えているとき
「こわいな」 で終わらせるのでなく
きちんと自然治癒力がはたらいていて
いま自然が
ひずみをなおそうと
すごく必死になっていることと
原因を想う
そのことを
わすれないでいたい

訴えているもの
浄化されている
ちゃんといま
浄化が続いている
ゆっくりと
いま
たいせつなものに
きづいているから

しばらくはつづくかもしれない訴えを
わたしは怖がらずに受けとめたい
そして
よくなるようにしたい


エネルギーのつよさも
繊細なもろさも
しぜんと わたしたちは
いっしょ


 

雨に 風に 雪に 雲に 月に 太陽に ・・・・
いのろう

そして

明るい心を

わすれずに

 

ちきゅうは
わたし

 

 

“感謝と祈りの心を忘れないこと”
“社会が 他人がどう、という前に自分・・”


“宇宙のしくみは
ひびき合って、継続していくこと
調和のハーモニーを
奏でること” 

と書かれていたのは今日読んだ本
『あいをよる おもいをつむぐ』 :著・さとううさぶろう 刊・地湧社

 とてもいい本でした

 

 

 

1203_11b.jpg

 



共通テーマ:インテリア・雑貨

* 世界最古の洞窟壁画 * [311]

 

07025_d1.jpg

映画『世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶』

3万2千年前に描かれたと判定された
南フランスのショーヴェ洞窟の壁画
一部の学者と研究者を除きいっさい非公開の世界遺産、
ドキュメンタリー映画として公開

観てきました
とてもよかったです


3万2千年前のひとの息づかいが
こっちまで聞こえてきそうで
ドキドキしました
「じかん」
どうとらえたらいいのか
わからなくなります

普遍的な
神という存在
わたしたちの根源的なもの
なにもかわらず
なにもかもそのままに
いまここにある
そんなきがして

 
 

絵や音楽が
もうこのころからあり
ひとは
それを
しぜんからあたえられ
しぜんとつながりながら
発信していた
受信していた

 
 
最古の壁画が
神様から守られて
ひつような今
(1994年に発見され2010年映画化)
ひつようにあらわれる
確かさを感じる

 
 
映画のエピローグでの
意外な描写も...
311へ
未来へ
この洞窟の入口は
たくさんへつながる扉のように...

 
 
 
 

 ネットショップ 2012 MARCH はこちらから
6989611.jpg

続きを読む



共通テーマ:趣味・カルチャー

* ちきゅうはいつも調和している * [311]

 

 

震災からこの一年
とくにたくさん聴こえてきたきがする歌は

ジョンレノンの「イマジン」と
童謡の「ふるさと」

イマジン・・はもうあえて説明する必要のない歌
ふるさと・・は「水は清き故郷」・・の歌詞に
日本のすばらしさとこれからが象徴されている

 
 
 

このまえ収納棚から見つけたCDがこれでした
「イマジン」と「ふるさと」が入っています

数え切れないアーティストがカバーされているなか
わたしはこのひとの声がいちばんすき

鈴木重子さんが だいぶ前にテレビで言ってた...
・・・コンサート中でも歌っているといつも眠くなる
歌いながら半分寝ているようなこともありました・・

今思うと
瞑想
そんなかんじなのかも
祈り
そんなかんじかもと

 
 
 

ジャスト・ビサイド・ユー

ジャスト・ビサイド・ユー

  • アーティスト: ケニー・ワーナー,トニー・マリノ,ジェイミー・フォックス,カフェ
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2007/06/20
  • メディア: CD

  •  
     

白い雪や 雨や 雲や 光とともに
こんな音 木魂につつまれながら

この一年のことを想い
これからのことを想い
しずかにすごし
祈りたい

 

DSC_0211HP.jpg

 

 ネットショップ 2012 MARCH はこちらから
6989611.jpg



共通テーマ:インテリア・雑貨