So-net無料ブログ作成
検索選択

 

* くつした * [おうち]

0331a.jpg

くつしたの穴の繕いもの・・
以前はあまりやっていませんでした

でも あるとき 脚本家の倉本聰さんがテレビでこんなことを言ってた
「おかあさんが繕った靴下は
価値が下がるんじゃなくて
何十倍にも価値が上がるんですよね

家族を想って繕うその時間と愛情が
靴下の価値に加わるから

手間をかけるっていうのは
それ自体が価値なんだ
今の日本には
その意識が欠けているんですよね」

そのときから
意識がピキッと変わった

3個1000円の安いくつしたが
1回繕うと 1000円のくつしたに
2回繕ったら 2000円の高級くつしたに~
なんて思いながら繕ってみたりして


こんなふぅに
意識が変わる瞬間って
ふとしたきっかけだけど

手間をかけることが
たのしいとおもえるか
たいせつとおもえるか
なんでもそこだなぁと思う

 0331b.jpg

古くなった靴下を細かく切っておいて(黒や紺)
補修用の布にすると便利です
あとはちぃさな裁縫箱(私は100円のカゴ)をリビングの隅に
置いておくと テレビを見ながらでもすぐできる*

 

  

 

 

 


* 眠りから今・・ * [おにわ]

DSC_0007S.jpg

お庭の植物がつぎつぎ花開いています

秋に播いた種も、ずっと土に眠っていた球根も、
めぐりきた季節に、一気に目を覚ましはじめました

ユスラウメは、一昨日花が1つだったのに、
今朝は30個ほど*(写真は大好きなネモフィラ)

 昨日は春一番だったのかもしれないけど、
肺炎で呼吸がくるしかった大地と空のうねりを感じました

けれど、雨が埃を流して、大地を潤してくれました

今朝、山にかかった霞(霧)が美しかった++

 がんばっているしぜんのこきゅう。
がんばっているフクイチの作業のひとたち。
ありがとう*アリガトウ*


コメント(0) 

* 薔薇の環 * [リース]




0316b.jpg

先日薔薇がメインのリースをおつくりしました

 

 

ふだん素朴なリースが多いなか
たまには華やかなものをつくるのも
とても新鮮なきもちでした*

 

 

薔薇のドライフラワーは
わたしが作っているのではないのですが
プロが仕上げたとってもきれいで自然なお花です

0316c.jpg

今回はスモーキーでクラシカルな
色の薔薇をつかいました

 

 


 

0316a.jpg

 

 

  

 

 すてきな感想もお寄せいただきとても感謝しています
ほんとうにありがとうございました

6989611.jpg

 

 

  

 

 

 


* こどもの詩 * [*ココロのノート]

ときどき じぶんの詩をここに載せているけれど
きょうは 息子の詩を紹介します
市の小学生詩集に載った詩
 

 
 

0315a.jpg

「カマキリ」 

春のカマキリ
ぼくの兄弟食べられる
原っぱにいるくもに
ぼくの兄弟食べられる
空高くとぶ大きな鳥に

夏になった
ぼくたちは食べる
原っぱにいる虫たちを
カマキリ強い
兄弟食べたくもを
食べてみせる

 
 

 
 

0315b.jpg

0315c.jpg
季節のめぐりも
いのちのめぐりも
かまきりの成長も
そして
なかまを思うきもちも
このみじかいなかに
あるなぁと
おかあさんは感じました^^

  
 

この詩が載った 小学生の詩集を読んで
どの子の詩も よくって 感動でいっぱいになりました

自由な題で書いているのに
宇宙 地球 自然 命 ・・・
そんなテーマの詩もおおいんです
こどもたちは
大人以上に敏感で
たいせつなものを感じているんだなぁ と思いました

 
 

特に印象に残ったのが
同じ小学校の六年男児の書いた詩で

タイトルが 「生き物たちの命」

 
 

地球にはたくさんの生きものがいる
小さい物から大きい物まで
でも、
どんなに大きさが違っても
命の重みは同じなのだから

・・・・・

ちいさなアリをふみつぶしたりしてほしくないし
おおきなライオンも 動物園にいるより
広いサバンナを走りたいはずだから
もう一度サバンナに行かせてあげたい

・・・・

そんなことが書かれた詩でした
なんだか すごく 響いて 涙があふれました

 
 

 
 

さらに
うちの子(小5)が言うには この詩を書いた子が
学校で 「将来の夢やがんばりたいこと」をひとりひとこと 発表するときに

「ぼくは これ以上 生きものが絶滅しないようにするために

将来がんばっていきたいです」と言って 

息子もすごいと思ったそうです

 
 

こどもは

神様の

通訳だと

友人が言ってくれた

ほんとうだ!

これからも 通訳にきづける こころでいたいな

それにきづいて ひろいあつめてくれた

先生がいることにも 感謝です

 
 

 
 


 


6989611.jpg

 

 

  

 

 

 


コメント(0) 

* めぐる森と小鳥たち * [*ココロのノート]

 0313a.jpg
コガラ@八ヶ岳

 

 


 

石は運ばれ 
土は運ばれ
川はつくりかえられ 
山はかたちをかえ
種が 遺伝子が
つくりかえられ
花が 樹が 
植えかえられ 
つくりかえられた

   

   

ほんとうの自然って
もう空を見上げるしかないのかなと
おもってる

でもそうでない生物がいる
それは
鳥。

  

  

  
原始時代のずっと前の恐竜時代のころから鳥がいた
鳥だけは 鳥のままだった
数や生態は変われどその本質は
今も昔もかわらない


 


エナガの
鈴のような
宝石のような
その声をしっていますか


 

鳥をしらないだけ
いまじぶんは 
自然を 宇宙を しらない
鳥をしらないだけ
いまのじぶんは 
いまに 立ちどまらずにいる


 

鳥をみると
ちきゅうのじかんがわかる

ほんとうのじかんは鳥のなか

鳥をもっともっと
感じたい解りたい

そういつもいちばんちかくにいる
かみさまは君


 

*

めぐる森小鳥たち」(仮題)
・・秋の個展に描きながら
うごきはじめました・・

 

 


 


6989611.jpg

 

 

  

 

 


* 祈り * [ひとりごと]

 0311a.jpg

今日は震災からまる二年の日で
地元で行われた「祈り」というイベントに参加してきました

涙ばかりあふれる日

しょっぱい涙はなぜ海の味

流れる瞬間こころを洗う涙

 

 

 

祈ることしかできないけれど

祈ることが たいせつなことと

あの日を境に強く信じれるようになりました

 

 

 

多くのいのちのご冥福 お祈りします

 

 

 

 また戻ってくるという言い伝えのあるリースを捧げます

 

 

 

 
 
 

 
 
 

 0311b.jpg
 

 

 

 


* 黄色の春 * [おにわ]

 
 
 0308a.jpg

お庭のミモザが ぽわぽわに なってきました!

ここのところあたたかな日がつづいています

中国の大気汚染や黄砂の影響か 
お空の色がいつも灰色なのがカナシイのだけど・・

今日3月8日は 「ミモザの日」 なんだそうで
そんなタイミングでした

 

 

 

0308b.jpg

花壇をみたら

クロッカスの黄色だけひとつ咲いていました

気分が明るくなるような黄色です

 

 

 

2月にポリポットに播いたいろんな種が

0308e.jpg

もうみ~んな出揃って

0308c.jpg

ナスタチウムがヒョロヒョロすぎですが^^;

今日はウグイスも鳴いていました*


コメント(0) 

* 花粉の季節に * [ハーブ&天然生活]

 
 
 花粉の季節ですね

我が家は毎年わたしと息子が2月中旬頃
アレルギー性鼻炎(くしゃみ・鼻水・目の痛み・頭痛など)がひどくなりますが
3月になるとなぜか落ち着きます

立春が過ぎると植物も一気に芽ぶくので
そういう変わり目に身体が反応するのかなぁと思っています

0308d.jpg

いつもそんな体調にあわせて お家にあるハーブをお茶にして飲んでいます

いつも棚にあるハーブをブレンドして・・

この前のときは 
ネトル(花粉症)、エルダー(花粉症)、ミント(抗アレルギー)、
セージ(殺菌)、マリーゴールド(抗菌)、
ローズヒップ(体力回復)、カモマイル(リラックス)
などを少しずつ入れました

  ※それぞれ( )の中以外の効能ももちろんあります
  ※私はアロマの専門家ではありませんがいろんな本を読みながら実践してきました
  

ハーブはお薬☆ 
奥の深いメディスン*
長いこと試してきたけど 決してあなどれないと思うのです。

1日で効かなくても3日たつとかなり効いてきます。
私はたいていの不快な症状はハーブで改善しています。

子どもにはジュースと混ぜて飲ませたりしてます

エクレクティック研究所のオーガニックハーブサプリメントには、
キッズ用もあるので、子どもの花粉症にはお薦め
とても品質が高いです
家族で花粉症なら 一家に一本あってもいいかも?

たとえば「ネトル」。
http://www.esupple-tokyo.com/shopdetail/002010000007/brandname/

とにかくこの季節、耳鼻科は人で溢れているようですが、
できれば医薬品で症状を抑えるよりも、
ひどくなる前にセルフケアできるといいですよね☆

 
 
 

 
 


コメント(0) 

* 早春のリース * [リース]



0307a.jpg

しばらく作っていた いろいろなオーダーリースがひとだんらくしたので

春のイベントのリースをつくりだしました

 

 

 

わたしのリースづくりって

実は みっつの作業があるんです^^

作り終わってから

リースの「写真を撮る」 という作業も

同じリースはもう二度とつくることができないので

作るの同じぐらい集中して ひとつの「作品」をつくるような感じです

そして オーダーのときはラッピングや梱包作業

イベントのときはリースにぴったりの箱づくりなど

そのひととおりが おわってはじめて 

ひとつのリースの お出かけの準備がととのう という感じです^^

  

 

 

 

 

 

0307b.jpg

こどもが 春からは六年生 
このごろは ちょっとだけ親ばなれ
うれしいような さみしいような
複雑な気持ちです

この春休みは オーダーリースをお休みせずにいようかなと
思っていますが

イベント準備の4月中旬~5月中旬はオーダーをお休みする予定です
ご了承ください

ちいさめのきれいなバラのお花(ピンク系) の用意もあります
(とても美しい色と形状です)

春の贈りものにもご利用ください

0307c.jpg
リースの素材はすべて ドライの自然素材です

 

 

 

 

*おしらせ*
秋に展示会をした 国分寺のカフェスローさんで
リースのワークショップ(リースサロン)を4/20(土)午後に開催することになりました
ご興味ある方はお気軽にいらしてください
詳細は こちら↓
http://event.cafeslow.com/?eid=1080468
 

 
 
 

 
 
 

 HPはこちらからどうぞ
6989611.jpg