So-net無料ブログ作成
検索選択

 

* 手をつたって * [ハーブ&天然生活]

0229.jpg

ことしは ちょっとだけ遅く おみそづくり はじめました

京都から取り寄せている 滋賀産・有機の大豆 米麹 (+カンホアの塩)
とどいたのが 2月下旬になったので

   

  

あまい ぷくぷくの
大豆が 湯気をたてて
ふっくらと おおきくなるときの
しあわせ

米を発酵させた
麹を
手でほぐして
塩と
まぜまぜするときの
絶妙な
リズムと
かおり

ぷくぷくの大豆を
つぶして
塩麹と
まぜまぜするときの
重厚な
ハーモニー

最後に
おにぎりみたいにまるめてから
ホーロー容器に
なげいれ
ぴちっと
なめらかになったときの
一体感

わたしの


伝って

ゆっくり

おりてくる

かみさまが

ここに

いる

**

**

**


コメント(0) 

* 春のリースたち * [リース*委託]

0228a.jpg

春のちいさなリースたち

府中の小さな雑貨屋さん 福み舎さんへ

新しく運びました

お近くの方はぜひ
あそびにいってみてくださいね


*写真詩集『Beautiful Earth』も
置いていただいています*

**

**

**

なまえどおり
福を運ぶ
福み舎さん*

いつもあたたかなご縁を
むすんでくださり感謝です

先日のワークショップも おいしいお菓子・お茶とともに
なごやかに リース作りをしていただくことができました

ご参加くださったみなさま 本当にありがとうございました☆
また 機会をみつけて開催したいと思います♪

**

**

**


コメント(0) 

* ビオラたちのうた * [おにわ]

0219a.jpg

ビオラたちのおかげで
まいとし冬の朝がまちどおしい

さみしがりやのきみたちは
花柄を摘んでもらうことで
触れて 愛でられ
そのうれしさで
きれいなうたを歌うんだ

ことしもいっぱい咲いてくれて
いっぱい時間をいっしょにすごせて


うれしいな
ありがとう

**

**

**


 


コメント(0) 

* 鳥に従え * [つれづれ]

0216a.jpg
0216c.jpg
0216d.jpg

 ことしになって
すこしだけ
あたらしい
流れになった

鳥についていったら
ここちいいところに出たよ


これは
例えでは実はなくて・・


もう20年近く昔に
バードウォッチングしていた
気に入ってた付近に
鳥を見に ふっと
チャリ漕いで行ってみたら

イメージにちかい
とあるものが目に入って
そこでちょっと
勇気を出して
うごき

それが 結果 わたしの日常に
バランスを生むきっかけになった

わたしの日常は
こどもの成長とか
生活環境のいろいろが
ゆるやかに変化してきているので
だいぶ前にちょうどいいと思っていた形態では
少しずつバランスがとりずらくなった
と感じてたのです


そんなとき
探していたひとにも
再会した


去年のたくさんの波のなかで
いろんなこと 掘り下げたり
確認したりしておいてよかった・・


ことしからすこしずつ
森のなかで
旅のなかで
リース制作も
していきたくて

とにかくマイペースに
やろうって決めたのが去年

50代前半は
体も心も変化が著しい

だけど
ピンチは
チャンスと
信じ^^


決めたとたん
なにかが
はじまった

**

**

**


コメント(0) 

* 立春 * [おにわ]

0204b.jpg
0204a.jpg
0204c.jpg

 朝起きるのがつらい季節^^;
でもしぜんのなかでは
ちょっとずつ春がきています

   

お正月の暖かさに
咲いてしまうかも・・と心配したミモザは
黄色味を帯びたまま
静かに色づく日を待っているような姿

   

  

お花屋さんでみつけたミモザで
早春リースをつくりました
※2/20福み舎さんに納品する予定です

     

  

 

秋に種を蒔いた
プランターのリナリアの
つぼみが
日を追うごとに増えて
わくわくします

   

  

  

  

  

**

**

**


PS:     SINRA 3月号がまた すばらしい!!

SINRA(シンラ) 2016年 03 月号 [雑誌]

SINRA(シンラ) 2016年 03 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/01/23
  • メディア: 雑誌




  
  

  

  

  


 


コメント(0) 

* 天使のこどもたち * [*ココロのノート]

0202a.jpg

 このいまの時代に
天使みたいな きれいなこころをもって
たいせつなメッセージをつたえているような
地球をすくうべく やってきたような?
こどもたちが 
いっぱいいる

昨年・・・
たまたま友人から 「子ども(中一)と同じ学校に
濱口瑛士くんという 天才画家がいるの」という話を聞いて・・
見た彼の絵は ほんとうにすごいと思った・・
彼の画集は12歳で出版された
『黒板に描けなかった夢』

ネット上には
彼が絵を描いている動画も公開されていて
「降りてくる」ものを生み出す
瞬間をを見て感じ取れる・・

その描き方は
自分の子どもの絵の描き方にも極似しているとも思った・・


別の友人の息子さん(12歳)も
もうすぐ本を出版する・・・
彼も天才・・そして無垢・・
『文房具図鑑』


うちの息子は 出産予定日が2001年9月11日だった・・・
あのアメリカの テロの日・・
でも2週間近く早く産まれたんだけど・・


21世紀にうまれたこどもたち
ほんとうに天使っ子が多い・・・
それには 深い たいせつな
意味があるのだとおもう・・


子どもがすてきな子たちを引き寄せてくれるし
そのお母さんもまた すてきなひとが多い・・

  

子どもが小5の時に 学校で書いた詩が 
市の小学生の詩を集めた冊子に載ったことがあったのだけれど
そのとき 冊子を読んだとき
本当に驚いた・・・
「地球」「宇宙」・・・壮大なテーマがとても多く
美しい 純粋な 世界が歌われていて・・・
「この星を いのちあるかぎり 守りたい」みたいな内容も多かった・・


こどもはもちろんいつの時代もみな純白で素直なのだけれども
いまのこどもたちは とくべつな 宝物や
メッセージをもっている


今はそういう映画や本
いろいろな情報が
たくさんあるけれど
たくさんのお母さんたち・・
みんなが
子ども自慢の親ばかだと思わずに^^ゞ

  

じぶんの子どもの すごいところをいっぱい
まわりに 社会に どんどん 伝えて

すてきなことがひろがっていったらいいなぁ~
そんなことを感じたりしてます^^

永遠のこども心のメッセージは
あるいみ Mr.Children の音楽でもある気がするし
スケートの羽生選手や テニスの錦織選手も
あるいみ 世界の中の日本を位置づけるメッセンジャーな気もします

**

**

**


コメント(0)