So-net無料ブログ作成
検索選択

 

* Play Back 2016 vol.2 * [リース]

 

 
 
 0124a.jpg
 
 
0124b.jpg
 
 
 
 
 
 冬は委託店のリースやオーダーのもの、
ネット販売予定のリースなどを
作りながらすごしています
 
合間に、いままでの作品を 自然写真や詩といっしょに
わたしのカケラをあつめたノート づくりもしています
※上の写真がその一部
画像が鮮明でなくてごめんなさい
 
 
とりあえずは自己保管用(閲覧用)の印刷冊子です
2011~2016の5年間をまとめようと奮闘中・・・
 
そこからまた発展したかたちで
今後また本づくりもしていけたらと構想中・・・
 
 
 
 
*** 
 
 
Nature's 工房 -晶-は
2005年に立ち上げました
今年で12年目になります
 
気づけばこのブログも10年が経ったんです
自分でもビックリ!
わたしはネットで苦手なものもあったりしますが
なぜか「ブログ」だけはとても好き・・
自由にマイペースに表現できるからだと思います
だからこんなに続けられたのかな
so-netさんの
シンプルなあったかい感じもずっと気に入ってます^^ 
 
 
 
ショップ名に「工房」を付けたのは、
アトリエがあるからではなく(苦笑、 
「家族とともに」という意味を含めて
付けたのでした・・・
 
 
子どもが4歳のときにリースを始めて・・・
リース創りは私がひとりでしていますが、 
一緒に木の実拾い・素材集め・展示販売・運搬・・・etc.
奮闘してくれた家族あってこその当店です
 
これからは家族以外の方の手も少しずつ
 お借りしながら少しずつ展開ができたらと
考えているところでもあります 
 

 
 
 
***
 
それと、今までもこれからも「制作」メイン(個展メイン)で
というのは変わらないのですが
「サロン(講座)」のたのしさを改めて感じてきたので
春からは ちゃんと四季それぞれ
リースサロンも開いていく予定です 
場所は 日野のガーデンカフェ クレアさんです 
 ご興味ある方はご参加ください
 
 ***
 
 
 
 
 
 
 

 
 
HPよりオーダーも承っておりますが
2月下旬~3月上旬ごろ 一時的にネットショップの方も
開いてみようと思っております
よろしくお願いいたします
 
 
HPはこちら:
 
 na01.jpg
オーダーはHP↑ 「Shop」をご覧ください
 
 
 
 
 
 


共通テーマ:インテリア・雑貨

* Play Back 2016 vol.1 * [リース]

 
0120a.jpg 
 
 
 
 
 
昨年2016年のふりかえりをしながら
・・・ほんとうはえらべないけど・・・
なんとかピックアップして 載せてみました
これはその前編です
 
ほとんどのリースの「うた」に
タイトルを付けるようになりました 
 
 
2016年は
イベント出店もいろいろしたこともあり
238こくらいが生まれました
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
HPよりオーダーも承っておりますが
2月下旬~3月上旬ごろ 一時的にネットショップの方も
開いてみようと思っております
よろしくお願いいたします
 
 
HPはこちら:
 
 na01.jpg
オーダーはHP↑ 「Shop」をご覧ください
 
 
 
 
 
 


共通テーマ:インテリア・雑貨

* 空き地のまんなか おとぎの国 * [リース]

 
0112a.jpg 
 
 
 
 
年が明けてから作った最初の作品です
 
もう一度生まれ変わったつもりで
 
オギャー!と生まれた赤ちゃんのように
 
そして空き地で空想遊びにあけくれてた幼少期のように
 
ピュアなきもちをひろげていこう
 
そんな想いのなかで生まれました



 

  
 ことしも リースのうたをゆっくり感じていただけるよう
 
個展を何度か開催していけたらと計画しています
 
 
 
もし冬の間にリースのご用命などありましたら
HPの「Shop」より オーダー制作も受け付けています
 
 

 
 
 
 ***
 
 
 
冬のいまの このしずかな 季節が訪れ
 
ほっとして うれしいです 
 
冬 とっても 好きです 
 


 
 
 
 
 
 下は 冬のゆったりと豊かな時間をイメージしながらつくった作品です
 
(昨年秋の個展に出品しました) 
 
0112b.jpg 
 
 
・・・・・外は一面の銀世界
キラキラ ダイヤモンド ダストが
木立にふりそそぐ
 
窓の外の世界の
空気感のなか
あたたかな部屋ですごす
時間のおくりもの・・・・・ 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
  
 
 


共通テーマ:インテリア・雑貨

* 空から 降りてくるもの * [リース]

 
1021a.jpg 
 
 
 空から
 
降りてくるものは
 
宇宙船
 
 
 
 
ふわふわと
 
ほわほわと
 
 
 
この胸の
 
まんなかのところまで
 
降りてくる
 
 
 
 
 
この 宇宙一
 
まぶしく輝く
 
ほうき星のような
 
宇宙船を 
 
 
 
 
 
しぶんのまんなかで
 
 
勲章にもできる
 
 
 
 
生きているって
 
なんてすばらしいんだろう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


共通テーマ:インテリア・雑貨

* melody * [リース]

 
1010a.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1010b.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1010c.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


共通テーマ:インテリア・雑貨

* 天女の羽衣 * [リース]

 
 
1009.jpg 
 
 
 
 日々
いろんなできごとのなか
いろんな
メッセージが
ちりばめられている
 

だけれど
ひとの「死」ほど
メッセージが詰まったものは
ないきがする
 
 
 

残された
まわりのひとすべて
それぞれちがう
贈りもの
 
 
 

そのひとの
死を大切に
感じたことを大切に
生きたい
・・・
 
 
 
 
 
 
 


共通テーマ:インテリア・雑貨

* 秋の日々 * [リース]


1003d.jpg 
 
お庭ではラベンダーセイジのお花が花盛り
たくさんのチョウチョがお花に訪れています
 
 
 
 
9月から雨の日が多く
なんとなく身体も心も重い日もけっこうありました
 
 
眠い日はただじっと寝てゆっくりするだけ・・
そんな日もけっこうあるものです
陰と陽 オンとオフ・・
バランスとおもいながら
ゆっくりすごしています
 
 
 
 
1003b.jpg 
 
 
雨の今日は
やさしいこころ
内なるやさしさ
・・・・・
そんなものをテーマに
シズカニ ユックリ・・
作品をつくってみました
もしよかったら個展で・・
 
 
 
 
 
 
 
 
1003a.jpg 
 
週末は 日野のクレア ホームアンドガーデンさんにて
リースサロンをしました
ご参加くださった方 ありがとうございました
きれいなアジサイやアイボリーの花々の
リースを自由につくっていただき
それぞれ すてきな作品ができてうれしく思います
 
 
 
 <クレアさん サイト>英語です
<クレアさん関連サイト>
http://www.tamatebakonet.jp/shop/detail/id=31
 
 
次回は12/3土曜日午後 クレアさんにて
ホワイト~ピンクの天使のリースの予定です
 
 
 
 
 
 
 


共通テーマ:インテリア・雑貨

* Forest mist * [リース]

 
0927d.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
0927e.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 


共通テーマ:インテリア・雑貨

* みっつかさなる * [リース]

 
「晶」の字は 日が三つ かさなってる・・
毎年秋に個展をするのも
秋がリース発表にちょうどいい季節だから始めたのだけど、 
「あき」と「あき」が
かさなっていていいかも・・
なんてこの頃はちょっとだけ意識する
 
 
リースの輪も
地球・太陽・月
かさなるような丸い世界・・・
そう思えばそう思えなくもない(笑・・ 
 

 
 
かさなることに
意識をむけると
なにかがふくらんでゆく
そんな気もするのです
 
 
 
 
去る9月9日 ・・
この日は重陽という五節句のひとつなのだそうですが、
義父の命日(一周忌)でした

 
我が家の三人そろって
行くつもりだったのですが
ちょっとどうしてもな理由があって 
この日から三日間
それぞれ離れた三か所(三都市)で
三人が過ごすという
日になったのでした・・
 
 
 
 

この真ん中の日に
なにか沸き立つ思いがあって
おおきなテーマのリースがいくつも生まれました
 
 
 
地球の生命をイメージしたリース・・
北極圏のオーロラをイメージしたリース・・
世界と日本の森を表現した「FOREST」・・
(針葉樹・広葉樹・ブナ林・常緑樹・・などを表してみました) 
などなど
 
大きなリースです
個展に展示します
 
 
 
0916a.jpg 
 
 
 
 
 
 


共通テーマ:インテリア・雑貨

* 未来への祈り * [リース]

 
0915b.jpg 
*未来への祈り*
 
 
 
 
 
 
 
ときどきおもうこと・・
 
原発 核のこと
 
この たった50年ぐらいの間にたくさん人間が作った
 
そのゴミを地中深くに埋め 安全性を図る年月
 
100,000年
 
その長さがイメージできなかったので
 
紙に書いてみた
 
0915a.jpg 
 
0.1ミリのあいだに生まれた地球のゴミだけで
こんなに 遥か先の地球にまで伝言を残す・・・
 
その間 人間はずっと 生き残るのだろうか・・
氷河期が再び訪れ その後また生まれるかもしれない新しい生命に
地中深くに危険なゴミが埋めてあることを
伝えることができるのだろうか・・・
 
 
 
 こんなとりとめない考えが時々 
ぐるぐるとまわる
 
 
 
 
 
 
 


共通テーマ:インテリア・雑貨