So-net無料ブログ作成

 

*ココロのノート ブログトップ
前の10件 | 次の10件

* 蓮華草 * [*ココロのノート]

 
0417a.jpg 
 
 
 
蓮の華のような
 
姿から名のついた
 
蓮華(れんげ)は
 
 
 
 
蓮の華のように
 
透きとおった美しさで
 
永遠の宇宙を想わせる
 
 
 
 
 
 
田植え前の春
 
土に栄養を
 
蜜蜂に甘い蜜を
 
人には喜びを
 
与えて一面にさく花々は
 
 
 
 
遥か遠い昔
 
神様に
 
水田へと
 
遣わせられた
 
かのように
 
 
 
 
 
 
 
 
0417b.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

* 破壊と再生 * [*ココロのノート]

 
0127a.jpg 
 
 
 
こころの風景
 
あなたのいまのこころの風景はどんな風景ですか

青空ですか
曇り空ですか
 
あたたかいですか
つめたいですか
 
 

こんな真冬だから
今日の空の色とおなじいろ
今日の気圧の変動のように揺れてる
 
 
それもあり
それでいい
 
 

曇りがずっとつづいていいし
いつもしあわせなきもちじゃなくていい
 
 
動き回ってばかりでもいいし
布団で寝てばかりでももいい
 
 
 

でもこんなあたりまえの日常のなかで
限りない いろんな外の変化のなかで
 
 
ゆるぎない じぶん ってのもある
どでかい たましい ってのがある
 
 
それはやっぱり すごいちからで
このちきゅうに このうちゅうへ
おおいなるちからを 放っている
 
 


このおおいなる やさしいちから
あなたそのものの あたたかさ
 

それがあなたの こころの風景
それがあなたを ささえる風景
 
 

破壊もあるし 衝突もある たくさんの日常で
ぜったいこわれることのない あなたのちからで
 
 

これからの ちきゅうで
いっしょに 生きよう
 
 
 
これからの ちきゅうを
いっしょに 創ろう


 
 
 
 


 

* セントポーリア * [*ココロのノート]

 
 

 
 1220a.jpg

 
 
 
先日、花苗店でこの花と目が合った
 
昔から育てたいと思いながら 一度も買ったことのなかった
 
セントポーリア
 
花色の種類が少なくなったために100円で売られていた
 
水色とピンクの花色もあったけれど 
 
迷わずワイン色の花を買った
 
 
 
 
 
 実はちょうどこのときわたしは
 
いろいろあって 反省を繰り返してた・・
 
自分を責めてた・・
  
 
 
 
 
 
この花は  花のなかでも 格段にデリケート
 
温度が高すぎても 低すぎても
 
湿度がありすぎても 育たなくなる
 
そして 紫外線(直射日光)が苦手で
 
うす明りがちょうどいいという特殊な植物・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分みたいだなと感じた 
 
わたしは小学生のときから
紫外線に膚も眼も弱くて病院に通っていた
 
そしてまわりの環境に敏感・・
  
 
 
 
 
敏感 というのが 外側からみえにくいからか・・
 
ときに 人を受け容れていない と見られることがある
 
わたしはこれでもひとがすきだ・・
じぶんから相手のよさをいっぱい探して伝えてる
  
自分の大切にしている「自由」を
わかってもらえないときなど
うまく伝えられずにいるけれど 
 決して相手が嫌いなわけじゃない・・
 
 

 
 
 
 
 
何万種類もある さまざまな花のなかで
 
だれしも自分の性質と似た花が ひとつはある・・・
 
 
 

 
  
 花になら
 
すべての花をみんな認めるのに
 
ひとには ときに「難点」をつけることある 
 
 
 
 
 もちろん自分も気をつけないといけないこと・・
 


 
 
 
 
 
 
そして
 
 
 
花も 鳥も ここちいいもの同志が いっしょの場所にいる
 
 性質がちがう同志は 少し違う場所にいる
 
 
 
 
距離はおいているけれど それぞれに認め合いながら 
 
花も 鳥も それぞれに みんなが 存在しあい
 
堂々と胸を張って生きている 
 
 
 
 
 
 
 
 
 簡単にはいかないけど
 
ひとも だれもが そのまんまで
 
 ここちよいもの同士が近づき 信頼し合い
 
自然にむりせず  みんなが ちょうどよい距離のなかで
 
それぞれの役割をはたしながら 
 
それぞれのよさをのばしながら 
 
自由に生きられたらいいよね
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント(0) 

* 出発 * [*ココロのノート]

 
1206a.jpg 
 
 
今 
いま 
イマ
 
 
 
みどりいろから
黄色

茶色
 
 
 
一気に
色づき
一気に
舞う
 
 
大地の
こどもたち
 
 
 
 
開放
 
そして
 
出発
 
 
 
 
一気に
空へ
羽ばたき
散る
 
 
無限の
エネルギー
 
 
 
 
土に
還り
しみこむ
いのち
 
 
ただいま
 
おかえり
 
 
 
 
 
 
じぶん
 
それは
 
ちきゅう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

* 季節と自然の変化 * [*ココロのノート]

 
0831a.jpg 
 





春が春らしく移っていくときと
秋が秋らしく移っていくときは
とくに
時代が変わるほどの劇的な変化を
自然がしていると感じます


おおきな静と動と
そのなかにあるちいさな静と動が
それぞれにバランスをとりながら
ぐるぐると 変化して 移っていく
 
 

動がおおきればおおきいほどまた
やってくる静もおおきい
 
 

四季が在る日本は
台風や梅雨
水や風や気圧や自然の変動を
直接受ける宿命にあり
とても意味深い気がしています

 
 
 
 
 
 
*** 

こどもの学校もやっと始まったので
さくっと この時期 秋モードに移行して
一気に創作を・・と思うのですが毎年必ず
8月の終わり~9月のはじめにかけて
なんとなく気持ちが落ち着かず
イライラすることもあるし
夏の怠け癖が抜けないのかな?なんて
自己嫌悪気味なのですが
そんな自分をみつめてみると
自分も自然の一部だからこんな症状で
自然も自分の一部だからこんな症状なのかも
なんてひとり勝手に納得しているこのごろです^^ゞ
 
 
 
 
*** 
 
 
 
 

今年の秋個展のテーマは「フォース」です
今年の冬から春に変化していくときに
このことばが浮かびました
自然はイコール・・・FORCE 
そのちからのバランスこそが自然なんじゃないか・・・
一点 一時 だけに焦点を合わせると悲惨な情景も
全体のバランスに焦点を合わせたらまた
ちがう情景なのかもしれない・・・

 
 

迷走した台風が去ってもまだ気圧の変動があって
フラフラしそうな気持を律するように
今日のリースを創りながら
秋の「フォース」が
スタートを切った気がしました
(個展情報はブログトップをご覧ください^^)









* 森に会いに行くこと * [*ココロのノート]

 
0707c.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 

* だれもがみんな * [*ココロのノート]

0426a.jpg

だれもが
みんな

花のような
優しさを

その奥に
もっていながら

それを
もとめて

生きている

   

  

  

0426b.jpg
0426c.jpg

春の花の
その一瞬の
輝きをみて
「今」の
「人生」の
はかなさを
確認している
気がしています

  

  

  

0426d.jpg

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  



 


コメント(0) 

* Start * [*ココロのノート]

0321d.jpg

ここは

ひかりの

くに

0321b.jpg

やさしく

  

0321a.jpg

すなおに

  

0321c.jpg

ゼロからの

スタートが

はじまる

  

  


  

  
  


コメント(0) 

* 天使のこどもたち * [*ココロのノート]

0202a.jpg

 このいまの時代に
天使みたいな きれいなこころをもって
たいせつなメッセージをつたえているような
地球をすくうべく やってきたような?
こどもたちが 
いっぱいいる

昨年・・・
たまたま友人から 「子ども(中一)と同じ学校に
濱口瑛士くんという 天才画家がいるの」という話を聞いて・・
見た彼の絵は ほんとうにすごいと思った・・
彼の画集は12歳で出版された
『黒板に描けなかった夢』

ネット上には
彼が絵を描いている動画も公開されていて
「降りてくる」ものを生み出す
瞬間をを見て感じ取れる・・

その描き方は
自分の子どもの絵の描き方にも極似しているとも思った・・


別の友人の息子さん(12歳)も
もうすぐ本を出版する・・・
彼も天才・・そして無垢・・
『文房具図鑑』


うちの息子は 出産予定日が2001年9月11日だった・・・
あのアメリカの テロの日・・
でも2週間近く早く産まれたんだけど・・


21世紀にうまれたこどもたち
ほんとうに天使っ子が多い・・・
それには 深い たいせつな
意味があるのだとおもう・・


子どもがすてきな子たちを引き寄せてくれるし
そのお母さんもまた すてきなひとが多い・・

  

子どもが小5の時に 学校で書いた詩が 
市の小学生の詩を集めた冊子に載ったことがあったのだけれど
そのとき 冊子を読んだとき
本当に驚いた・・・
「地球」「宇宙」・・・壮大なテーマがとても多く
美しい 純粋な 世界が歌われていて・・・
「この星を いのちあるかぎり 守りたい」みたいな内容も多かった・・


こどもはもちろんいつの時代もみな純白で素直なのだけれども
いまのこどもたちは とくべつな 宝物や
メッセージをもっている


今はそういう映画や本
いろいろな情報が
たくさんあるけれど
たくさんのお母さんたち・・
みんなが
子ども自慢の親ばかだと思わずに^^ゞ

  

じぶんの子どもの すごいところをいっぱい
まわりに 社会に どんどん 伝えて

すてきなことがひろがっていったらいいなぁ~
そんなことを感じたりしてます^^

永遠のこども心のメッセージは
あるいみ Mr.Children の音楽でもある気がするし
スケートの羽生選手や テニスの錦織選手も
あるいみ 世界の中の日本を位置づけるメッセンジャーな気もします

**

**

**


コメント(0) 
前の10件 | 次の10件 *ココロのノート ブログトップ