So-net無料ブログ作成

 

* 鎮魂の音楽 * [311]

1206_14a.jpg

*河原の赤いスイバ*

光が映すとき
きらきらした赤のいろ

 
 
 

今年はタイタニック没後100年なのだそう
BS番組で今日観ました
音楽家の細野春臣さんのお祖父さんは
タイタニック号に乗って 助かった人の一人だったそうです
タイタニック号で 助かることをあきらめ 沈んで死んでゆく直前まで
音楽を演奏しつづけた楽団の音楽家たちのこと
同じ音楽家として 深くとらえてきたことが伺えます
細野さんが この楽団の
「たましいを 鎮める 音楽」ということを
東日本大震災と重ねて語っていました

 
 
 

震災一年の3月 色んな番組で震災をふりかえっていたけど
こころにのこったのが NHKでやっていた
2011年3月11日の夜 東京墨田で 新日本フィルハーモニー交響楽団の
オーケストラコンサートが開催された 話でした()

東日本大震災の日 交通網が完全にストップするなか
来れた観客は 徒歩でたどりついた ほんの一握り
オーケストラのひとたちは
午前中からのリハーサルで全員集まっていたものの
大きな震災と、その後のニュースの津波の様子を目の当たりにして
こころの動揺をみな隠せなかったということでした

開催はなぜだったか

反対の声も多々あったそうです

それでもオーケストラの演奏はすべて行われ

その時間も たくさんのパニックの波と
津波にのまれていったたくさんの命

 
 
 

お客さんの感想の中に
あまりにもすごい音楽の躍動感がおしよせ
こんなに音楽で感動したことはなかったと
語っていた人もいた

演奏者も
絶妙なタイミングで ぴったりと全員の呼吸が合った
演奏はこれほどなかったと 語っていた人も
・・・・

  
 
 

***

動揺から
平穏へ

タマシイを
鎮める音楽と
その祈り
・・・・

 
 
 


 


 


コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

* 世界最古の洞窟壁画 * [311]

 

07025_d1.jpg

映画『世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶』

3万2千年前に描かれたと判定された
南フランスのショーヴェ洞窟の壁画
一部の学者と研究者を除きいっさい非公開の世界遺産、
ドキュメンタリー映画として公開

観てきました
とてもよかったです


3万2千年前のひとの息づかいが
こっちまで聞こえてきそうで
ドキドキしました
「じかん」
どうとらえたらいいのか
わからなくなります

普遍的な
神という存在
わたしたちの根源的なもの
なにもかわらず
なにもかもそのままに
いまここにある
そんなきがして

 
 

絵や音楽が
もうこのころからあり
ひとは
それを
しぜんからあたえられ
しぜんとつながりながら
発信していた
受信していた

 
 
最古の壁画が
神様から守られて
ひつような今
(1994年に発見され2010年映画化)
ひつようにあらわれる
確かさを感じる

 
 
映画のエピローグでの
意外な描写も...
311へ
未来へ
この洞窟の入口は
たくさんへつながる扉のように...

 
 
 
 

 ネットショップ 2012 MARCH はこちらから
6989611.jpg

続きを読む



共通テーマ:趣味・カルチャー

* ちきゅうはいつも調和している * [311]

 

 

震災からこの一年
とくにたくさん聴こえてきたきがする歌は

ジョンレノンの「イマジン」と
童謡の「ふるさと」

イマジン・・はもうあえて説明する必要のない歌
ふるさと・・は「水は清き故郷」・・の歌詞に
日本のすばらしさとこれからが象徴されている

 
 
 

このまえ収納棚から見つけたCDがこれでした
「イマジン」と「ふるさと」が入っています

数え切れないアーティストがカバーされているなか
わたしはこのひとの声がいちばんすき

鈴木重子さんが だいぶ前にテレビで言ってた...
・・・コンサート中でも歌っているといつも眠くなる
歌いながら半分寝ているようなこともありました・・

今思うと
瞑想
そんなかんじなのかも
祈り
そんなかんじかもと

 
 
 

ジャスト・ビサイド・ユー

ジャスト・ビサイド・ユー

  • アーティスト: ケニー・ワーナー,トニー・マリノ,ジェイミー・フォックス,カフェ
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2007/06/20
  • メディア: CD

  •  
     

白い雪や 雨や 雲や 光とともに
こんな音 木魂につつまれながら

この一年のことを想い
これからのことを想い
しずかにすごし
祈りたい

 

DSC_0211HP.jpg

 

 ネットショップ 2012 MARCH はこちらから
6989611.jpg



共通テーマ:インテリア・雑貨

* 加速してる * [311]

 1110_13a.jpg

いま、「時」はすごいスピード
加速していてこわいほど。
日々 会う人 たくさん
それを感じていると言う


災難と困難。
揺るぎのないしあわせの国を創り直すチャンス。
風がそう知らせてくれてる。
でも時間はない。
危機は迫ってる。
アンテナが大事。
高く、敏感に!
ジョウホウはおかずだよ。
メインディッシュじゃない。
うまくつまんで、
メインは自分=自然=地球だよ。



共通テーマ:インテリア・雑貨

* ぼくたちの課題 * [311]

1109_27a.jpg

僕たちは

いっぱいの課題をかかえてしまった

それだけじゃない

僕らのこどもたちにまで


 

目の前のまいにちは

つみあげてきた大きな僕だけの階段

守るよ 

だけど

全力で 余裕で 笑って

課題もかたずけてみせる

生きるために

ひつようだから


 

さらに

僕たちにあたえられた

宿題がある

ジョウホウという名のおかずをうまくつまみながら

メインは自然からのメッセージ

世界を見抜いてつらぬいて

どれだけ

やさしく

ゆたかに

そして笑って

たった一度きりの人生を

生きるかってこと


 

1109_27c.jpg 


 



共通テーマ:インテリア・雑貨

* トミタタカフミさん * [311]

 1107_01c.jpg

みなさんいかがお過ごしですか^^

北海道へ帰省中に 気になっていたひとに会ってきました
義実家のすごく近所で といういいタイミングのお話し会&ワークショップ☆

冨田貴史(トミタタカフミ)さん

 環境・エネルギー・平和などをテーマにしたイベントの企画制作や
音楽活動のほか
旧暦やマヤ暦に関するワークショップをされている
京都在住の旅人^^
「ミツバチの羽音と地球の回転」の制作スタッフでもある


回によっていろいろな内容をお話しされているみたいですが、
私が行ったのは
ウランの採掘から世界の軍事、そして今回の福島第一原発事故まで、
私たちの身近に存在する核の実態のお話・・etc

1108_14a.jpg

冨田氏のブックレット:「わたしにつながるいのちのために」 500円。

だいじないのちに関すること

こんなだいじなことはなしは みんなに知ってほしい

ほんとうにそう思ったよ。

~(扉の言葉より抜粋)~
“世界のすべての場所から被ばくによる苦しみがなくなりますように”


 


 

冨田さんが 最初に教えてくれたコト。
核=原発。
世界中でこの二つを
言葉として分けているのは 日本だけ。
核 と 原発
一緒であるのをさとられたくなかった=日本

日本で 原発の施設をつくって稼働させている ということは

イコール

世界の すばらしい 自然のなかの島や国々の先住民の方たちを

ウラン採掘させ ものすごい被曝をさせている

ってことなんだ!ってこと。

みんなは知っていましたか?


 
 


 

ってことは 原発による恩恵を受けている人すべても

その加害者なんじゃないかな?って思った。

いま、 放射能で たくさんのひとが被ばくして 避難して 苦しんで

日本のみんなは「被害者」みたいな意識でいるけど

ホントは加害者でもあるんだ。

だから核=原発はぜったいにいらない。あってはいけない。


 



 


 

冨田さんのお話ですごく印象的で希望が持てて 私も。と思ったのが
(ちょっと言葉が違ったらごめんなさい^^; 次のようなことです)

「原子力をすべて自然エネルギーへ変えるなんて無理だ」という人がたくさんいるけど

今の社会を変えないまま 自然エネルギーに変えるのには無理があるというだけ。

自然エネルギーにしたいなら そのために

商業主義 営利主義 お金儲けと贅沢主義 をみんなが捨てて

根本から 自然エネルギーだけで暮らせる暮らし方に変えれば

今日からでも簡単にできる。


 



 
 


 僕はずっと長く核と原子力のことを訴え続けてきた。

この震災と原発事故で もう終わりのような 危機感をもっているひともいっぱいいる。

でも 今

今こそが ポジティブになる 絶好のときだ。

どんな状況にも 向き合う とき。

いまこそ つながりを 大事にしていくとき。

孤立した時代は終わったんだ。


 


 

冨田さんはブログもありますが主にFacebookで情報を発信されているみたい

500円の本「わたしにつながるいのちのために」は送料無料で送ってくれるので 検索してGetしてみては。。


 

追記:
冨田さんはいま日本全国をお話し会で回られているそうですが
西日本へ行くと 地震や原発事故もすでに「過去」の意識のひとがとても多く
すっかり元通りに戻っているとか・・

私は思う。
生意気かもしれないけど
そんなに 今までどおりの生活がだいじなのかと・・
これを機会に一人一人が変わり 高い意識を持つ時と・・


もっともっと
前向きな高い意識でやっていこう

自然エネルギーにしたいと声に行動に出そう

もっと自然にやさしい質素な暮らしに
シフトチェンジしていこう

そうしたら
本当に理想だったことが現実になる


 
 



 


 

さようなら原発1000万人アクション 2011年9月11~19日
http://sayonara-nukes.org/

脱原発1000万人署名(ネットで簡単に署名できます)
http://sayonara-nukes.org/shomei/


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感