So-net無料ブログ作成

 

* 11月のかがやく宝物たち * [しぜん]


6月と11月は 夏と冬 それぞれの扉がひらく かがやきの季節

自然が それぞれの季節の かがやきに満ちあふれ
せかいを謳っている

せかいの本質のうつくしさがちいさないのちに息づいている
それを感じてからだぜんたいにとりこもう

生きるちからがいっぱいになるから

1114.jpg
1114b.jpg
1114c.jpg
1114d.jpg
1114e.jpg
1114f.jpg
1114g.jpg


ことしの秋個展は終わりましたが
秋の宝探しはこれからが本番です
ここだよ ここ ここ
そんな声がする気がします


1114h.jpg






共通テーマ:インテリア・雑貨

2017秋個展ありがとうございました [リース*展示販売会]


1113a.jpg




先週、国分寺カフェスローさんで開催しました
リースの個展『せいりゅう』にお越しくださったみなさま

そして応援してくださったみなさま
ほんとうにありがとうございました


三連休から始まった5日間の個展
壁いっぱいのリースをじっくり眺めてくださったみなさまに
こころから感謝でいっぱいです


なんのお礼もできないのに・・・
毎回足を運んでくださるお客様たちをはじめ
(毎年リースを取り替えてくださるそうです)
気になって今回来られた方
偶然に立ち寄ってくださった方
みなさまありがとうございました



立冬ちかいこの時期
ギャラリーには午後ほどよい日差しが差しこみ
やわらかな光がリースにかさなる時間帯があります
長い時間眺めてくださっていたお客様が
光の入り具合でリースが全然違って見えたと
おっしゃったのも記憶にのこりました



今回もシンクロごとがいろいろありました☆
詳しく書きたいところですが 個人的なことでもありますので
胸の奥にたいせつに残しながら
ときどきニヤニヤしたいとおもいます^^




実は今年のギャラリー日程を組んでくれたのは
ながい間お世話になった お店の前店長さんだったのですが
2日目の満月のタイミングも
ちょうど自分の星座の牡牛座の満月で
その土曜夜はたまたまお店の暗闇カフェの

重松壮一郎さんのすてきなピアノ演奏が
キラキラした清流のごとくにひろがって(

リースっ子たちも喜んでた気がしました

 大好きなしぜんを
まぁるいうたにして
これからも日々つむいでいきたいと思います


来年も同じ時期にカフェスローさんで開催予定です
よければまたいらしてください


本当にありがとうございました




共通テーマ:インテリア・雑貨

* 2017秋個展 * [リース*展示販売会]

 Nature's 工房 -晶- リースの個展2017秋
『せいりゅう』
2017DM01.jpg
11/3(金・祝)より 11/8(水)まで ※11/6(月)お休み
<リース作品などの展示販売会>


 ※11/9 記:


一週間の会期は無事終了しました
お忙しいなかご来場くださったみなさま
応援してくださったみなさま
お心配りくださったカフェスローの方々も
ほんとうにありがとうございました^^

こころあたたまる再会や出会いに
こころから感謝です
リースたちの歌をみなさんゆっくり大事に聴いてくださって
今回も本当にうれしかったです


これからも大好きなリースとともに日々暮らしたいと思っています
最後にたくさん協力してくれた家族にありがとう


 


 1030a.jpg


工房設立12周年の秋個展は
 「清流」「青龍」「青柳」
三つの『せいりゅう』に想いを馳せて展示販売をします


せいりゅうからわきだした
たくさんのここちよいものたち
ちきゅうのうたになりますように


12年間ず~っと植物でリースを創ってきました
昨日より 今日はもっと リースが好き
毎日朝から夜まで創っても創っても飽きない
過去のものにとらわれず
ただ今浮かぶものをかたちづくると
決して同じものは生まれない不思議なほど自由なリース
リースは
植物たちのまぁるい歌


 




 会場:国分寺カフェスロー  スローギャラリー


CS地図モノクロ.jpg



□11月3日(金・祝) 11:00~18:00
□11月4日(土) 11:00~18:00
(土曜はカフェ利用のみ15時まで
カフェでは夜すてきなイベントもあるそうです)
□11月5日(日)  11:00~18:00
※11月6日(月)休み
□11月7日(火) 11:00~18:00
□11月8日(水) 11:00~18:00


 


*すべて自然素材のドライ・リースです
100点以上用意できました
そのほかに木の実のフレーム作品などもあります


 *バラエティに富んだいろいろなリースがあります
どの子にも歌のようなタイトルがついています


*クリスマスリースや「どんぐり標本プレート」なども
今回少し多めに用意しました


*プレゼント用の簡易ラッピングもできます
一部、後日配送品もありますが
多くの作品はその場でお持ち帰りいただけます
配送も承ります


*写真詩集『Beautiful Earth  しぜんとリースの歌ううた』
も販売
します


*過去のいろいろな“インスパイア・リース”の写真展示もあります


 


 ギャラリーは入場無料です
スローなカフェでお茶やお食事もぜひ・・・


 イベント詳細はこちらにも


 


**


**


**


 


     



共通テーマ:インテリア・雑貨

* 福み舎さんの秋冬リースたち * [リース*委託]


1018a.jpg




このごろはずっと個展にこころをむけて
リースたちを創っていましたが
一昨日 昨日とふと 福み舎さんのリースが浮かんで来て
いろいろな子が生まれ早速納品をしました
写真以外にもいろいろあります


陶器・ガラス・アクセサリー・バッグ・・ETC
落ち着いたほっとする空間です
お時間ありましたらお立ち寄りしてみてください
営業:火水金・第一土曜 11-16時
IMG_201612302046356ees.jpg




このごろはなんだか
空からの合図のような?
ここちよさでうごいています






共通テーマ:インテリア・雑貨

* ひみつの日 * [リース]


1007b.jpg


1007a.jpg


1007c.jpg



家族や
ひとりや
友達と


まるでなにかに
よばれるように

かぜとおしのいい場所を歩く


まるでいつかどこかで
触れたことのあるようななつかしい

空気が体ぜんたいにしみわたっていく



どうかんがえてもこんな
めぐりあわせってないな
そんなことがつねにありつつ


どうやりくりしても
ことばではいいあらわせない
感情がわきおこり

感覚を刺激する



そんなひみつの日から
あたらしいうたが
うまれている






***

11月3日金・祝より11月8日までの個展で
たくさんのリースや詩の「うた」をお披露目します
今回は特別な12周年個展になりそうです
ぜひお待ちしています
***













共通テーマ:インテリア・雑貨

* 蒼いコケたちの棲む森に * [しぜん]


1006a.jpg


1006b.jpg


1006c.jpg



蒼い
コケたちに
すっぽりと
包まれた
深い森



これは
こういう
宇宙なのだと
腑に落ちた




どんな
宇宙?












想いを馳せながら
リースと
詩に
してみました

個展で出逢ってくださったら
うれしいです








共通テーマ:インテリア・雑貨

* Chengeという名の旅 * [リース]



0929a.jpg



10代の頃は
Chengeは日常にあふれていた
 席替え
  クラス替え
   学校進学


戸惑いと期待が混ざった
一方的なChengeを幾度
受け容れてきたのだろう



遠い席になったのに
 違うクラスになったのに
  別の学校になったのに
   何十倍に近づくものもある







今は自分が自分の
Chengeのスイッチを押すため
ときどきひとりになって
心の旅に出る




それは
自分が自分に
確実に重なるための
本気の旅なんだ






*リースは個展で販売します*
個展詳細:こちら



*****



inspire from 『ぼくらが旅に出る理由』
by 小沢健二 









共通テーマ:インテリア・雑貨

* ミルクのお茶 * [リース]



0926a.jpg




おーなり由子さんの
『ミルクのお茶』



たまたま図書館で
手に取り持ち帰った絵本




この絵本のなかの
ミルクのお茶は



それは それは
とくべつな お茶




それは
なぜ?



どのくらい紅茶よりもミルクが
多いと思う?













読み終わってあまりにほっこりとなっとくして
思わず生まれた子です


0926b.jpg




個展でリースと絵本を
展示したいとおもいます







共通テーマ:インテリア・雑貨

* リースでつたえたいこと * [リース]


0927a.jpg


インテリアのリースが
ちきゅうのうたに・・・


リースには植物のドライを使っています・・・。
 
ドライは、植物の生命に、風や光やいろんないのちがかさなって
パワーが凝縮しています・・・。

 
乾燥させた梅ぼしや切り干し大根などに栄養が
ぎゅっと閉じ込められるのと似ていると思います。

 
そしてベースになるのは植物の蔓です。
蔓性の植物の生命力はものすごい。
上へ上へとひたすら伸びていきます。
まわりに自分からしがみついて強くたくましく生きています。

 
その蔓が休眠期に入る晩秋に、
その年に伸びた部分を、感謝をこめて「いただく」。
その蔓をまるめてリースのベースにします。
秋に狩られた蔓は、また翌春にさらに勢いよく吹き出して、伸びていきます。

 
  0927c.jpg
 
蔓(生命力)に花や実や葉(生命力)を乗せていくのですが、
さまざまな目的のためにこの地球に生きるそれぞれの植物は、
それが外側からもわかるように、
まったく違う姿形・色・風合いをそなえています。

 
植物の本質は人ととても近いですよね。
季節というサイクル、1日というサイクル、年月というサイクルもそうですし、
宿った個性(性質)には本来の意味があり、ちゃんと何かに役立つようになっています。


人の一生という物語と同じように、植物にも物語がそれぞれにあり、
永遠の「魂」がすべての生命に宿っているのと同様に、
植物の「種」は私たちにとっての「子孫」にあたる大切な宝物であったりします。

 
植物をみつめていると、「人」をみつめている気分になります・・・。
 
 
0927d.jpg


 
そもそも、わたしたち人間は植物なしに生きることはできるでしょうか?


絶対に無理ですよね。
狩猟して生きることもできますが、食べる動物も植物なしには生きられないことを考えると、
植物という存在をもっと見つめてみる機会があるといい・・・。

 
リースで、自然素材を組み合わせて乗せていくという作業は、
その植物の多様性とバランスを、感覚で理解することでもあります。

 
リースのなかのバランスを意識は、
ちきゅうの「生態系」のバランス意識と
どこか繋がっている気がします。

 
頭の中で勉強したり学んだりすることは
脳へと蓄積されますが、
感覚で知ることは
ひとの細胞の奥深くに蓄積されていきます。

 
リースを、頭でがっちりと考えて作るのではなく、
できるだけ自由な感覚で作っていくと・・・、
いろんな情報が「手」から「体」に染みこんでいく気がします。

 
 
 


0927e.jpg

 
植物の慈愛のようなもの、
美しい形と色合い、やさしい匂い、手触りといったものは、
わたしたちの感覚を優しく深く刺激してくれます。

 
そんな植物の母性と、円という形が響きあうせかい。
「自然」+「音楽」が溶け合うせかい。



 
リースづくりは わたしたち自身の本質にアクセスしてくれる。
 
もちろん女性だけでなく、男性にとっても。
 
 
リースの可能性がまだまだある気がします。





 
 
 

 
 



  0927b.jpg
 
 

 
 
 
 



共通テーマ:インテリア・雑貨

* 森のがっこう * [つれづれ]


0925a.jpg





もう2週間以上前のことだけど
NHK BSで 故・ターシャ・テューダさんの
お孫さんとひ孫さんご家族の現在の暮らしの番組を観ました




ターシャさんの意思を受け継いで同じ土地に住んでいるお孫さん夫妻に
ターシャさんが亡くなられた翌年に女の子が生まれ
今はふたりのかわいいひ孫さんたちが
ターシャのお庭でかけまわって遊び
ターシャの遺品の手作りの人形たちで遊び
ミニ・ターシャのような暮らしを広げていました




小学校に行きたがらなかった6歳の長女の意思を
理解して受け容れたご両親と祖父母は

「彼女の本来の資質や素質を無理に薄めてしまわないように」
無理に学校に行かせることをやめて、
大好きなターシャの庭と森を彼女の学校に、
庭と森と彼女と家族が
「先生」そして「生徒」。
そんなことを実践しています




たとえば 鳥が巣をつくった場所では
そっと観察をして気づいたことを
たくさん家族で意見交換してシェアし
絵日記を付けたりしています



ヤギのミルクでバターを作ったときに
7歳のエリーは言うのです

これって 世界にとって とてもいいことね。
食べる分だけつくるから むだがないし、
プラスチックの容器もいらないから ごみもでないし、
それに なにより、
作っていてわくわく楽しいもの。」



彼女は彼女自身と世界をどちらも大事にしながら
わくわくしながら
たくさんのことを学んでいました



庭と森に

生きるものと
家族が


先生

生徒



先生は生徒で・・・
生徒は先生で・・・



ファンタジー・夢・発想力・
思いやり・個性・空想力・自由・・・
かみさまからもらった贈りものも
つぶすのではなくて生かすことを
この「がっこう」では
実践しているきがしました
















0925a2.jpg







共通テーマ:インテリア・雑貨