So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

■Information

まぁるい共振が世界へと広がっていくことを願って創作しています。

オーダーリース再開しました。

◎2010年から秋に個展(展示販売)をしている国分寺のカフェスローさんのスローギャラリーにて、今年は春(5月)と秋(11月)にリースの個展を開催することになりました。

春・年号改定の5月は、自然×音楽=リースが ファンタジックな世界で どんなふうに遊ぶことができるか♪ ワンダードリームを広い壁いっぱいに展開したいと思っています。

LOGO01.jpg 詳細はHPをご覧ください

 

前の10件 | -

* 休息と再生 * [しぜん]


0118a.jpg





厳しい寒さを
乗り越えながら


春へと
準備している



たくさんの植物
たくさんの虫
たくさんの動物





この休息と
静寂の時間は



新たな躍動の




静かな季節の
おくりもの



再生への祈りと
願いが織り込まれた



とうめいな
手紙











共通テーマ:インテリア・雑貨

* 道 * [*ココロのノート]


0118.jpg



この宇宙のなかを
星々が巡るのに準じて


植物が冬に眠り
また再生するのに準じて


人々もまた巡り合わせが
入れ替わり動いている




必要なタイミングで
レールが切り替わっていく

レールは決して
切り離されてはいない


離れたかのような
みちのあちこちで

清い結び直しが
開始されている




ターニングポイントがきたら
ぶらさず進もう


辛いことこそが
幸せの種





わたしたちのつながりは
それぞれが清く在るために


本来の星の位置を確かめるように
本当の自分を確認するために


近づいたり遠ざかったり
涙や汗も伴いながら
レールを切り替える
ときがある




ひとは
ほんとうに
すべての星のように

その存在だけで
ただそのままで
ただやさしく
つながっている



歌のように
花のように

自由に生きることで
つながりあっている







共通テーマ:インテリア・雑貨

* この広い野原いっぱい * [リース]


0109a.jpg



冬至をすぎると
ほんのわずかながら
春の兆しを感じてくるように



お正月を
迎春と
云うこともあるように




わたしはこの年明け以降の
静かな冬に
春を感じるリースを
創るのがとてもすきです





実際の春はまだまだ遠くにあって
冬は凍てつくように

どんよりした天気の日も多くて
浮かない気もちのときもあります



でも春を想像しながら
草花をまるく編んでいると



ながい冬のむこうに
待っている
明るい季節が
たしかに感じられ




なにもかもがゆっくり
流れるような静かな
この季節のありがたさが湧き



苦労のあとに
希望があることを
信じる気持ちのように
春を待ちたいなと思うのです








昨年の個展が終了したときに
春の黄色のお花畑がふっと浮かび
「来春の個展はそんな個展にしたい」
と思いました


このリースはそのイメージを広げて創りました
昭和の歌のタイトルと同じだったりして^^ゞ

この広い野原いっぱい



0109b.jpg




















共通テーマ:インテリア・雑貨

* Gratitude * [リース]

0107a.jpg





平成最後と新たな年号の年になりますね
どうぞ今年もよろしくお願いいたします






今年の初作品は
感謝をこめて
Gratitude



















共通テーマ:インテリア・雑貨

* ちいさな玉ねぎあたまのおんなの子 * [リース]


かなしむってことはできないの。
よろこぶか、おこるだけ。
あたいがかなしんだら、
なにかの役に立つの。
なりゃしません。





だれだって、ときには怒るほうがいいのよ。
どんな小さなはい虫だって、
怒る権利はあるのよ。






走るのよ、走るのよ、あんたは走れないの?
それともあんたは、はねることさえもできないの?





それがあんたのわるいとこよ。
たたかうってことをおぼえないうちは、
あん
たには自分の顔はもてません。





なんだっておもしろいじゃないの。
―多かれ、少なかれさ。









これらはムーミン谷に棲む
リトルミィのセリフの一部。
ムーミンの作品のなかで
一番小さな体ではあるが
ムーミン谷のなかで一番
勇敢な存在かもしれないという。

*Thanks! for 『リトルミィのひみつ展』銀座松屋*








「かなしむ余地なんてないよ。」
そんなセリフがにあう
リースを創りたくなった







1219a.jpg




















共通テーマ:インテリア・雑貨

* ベルベット・アワー * [リース]


1212a.jpg



あたたかな
ベルベットに
つつまれている



そんな
極上の
じかん









1212b.jpg


*起毛した布のような手触りのお花を乗せました*
*冬のあいだ新作は委託店やネットショップに出品しています*






  


共通テーマ:インテリア・雑貨

* 調和と祈り 東山魁夷展 * [おでかけ]


1203a.jpg







霞がかったような
曇った日のような
独特の表現のなかに
映された自然風景に
あたたかさを感じました




すべての感情や
すべての自然なんて
表せないはずなのに




なにを物語っているのか
どこまで行こうとしているのか
もうどこまでも境のない
闇と光のまじわる場所や
季節という確かなのに淡いもの

答えはきっと応えだ
問いかけなんだ



曇った肌寒い空気のなかにこそある
ものすごくあたたかいものとか
やわらかい月あかりの下にこそある
ものすごくやさしいものとか


そういうすべてを
それぞれみんなが自由に
感じて広げてみたときに
つながるところで
泳いでいるような
そんな何か




すばらしい調和のなかに
ささやかに
たしかな
祈り




そんな感覚につつまれた
初冬の日でした






共通テーマ:インテリア・雑貨

* 世界は金色にかがやく葉のように * [*ココロのノート]


1129b.jpg




世界は金色にかがやく葉のように


繊細であっても


かぎりなく簡素だ




世界ははてしなく簡素で



こころ踊る大好きなあの歌のように


どこまでも単純だ




簡素に
簡素に
ただ
簡素に



生きていこうとおもう









共通テーマ:インテリア・雑貨

こっそり。 [おでかけ]


1129a.jpg



個展のときのご縁でカフェに運ばれたリース
まさかとおもいながら
一人で出かけ
こっそり。
隠し撮り。
(ゴメンナサイ><)






リスの森のようなカフェは
夕方というのに満席でしたが
いつもとかわらず

五感をあたためてくれました













共通テーマ:インテリア・雑貨

* 冬のおとずれ * [八ケ岳]


1128.jpg



秋個展が終わると毎年すぐ立冬が訪れ
暦で言う「小雪」のころにまたいつもの森


白化粧してきた富士のお山
風にゆれる茶色の葉

濃く熟した実
木のしたに降り積もった落ち葉
いつもの暖炉のにおい


おだやかに晴れた日の夕刻
西の空に架かるおおきな虹をみました











共通テーマ:インテリア・雑貨
前の10件 | -